メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら

Cat. No BB07
Price SOLDOUT

※こちらは店頭で試聴盤として用いられていた商品です。盤面には指紋や擦り傷、ジャケットにはダメージがある場合もございますので、予めご了承の上お買い求め下さい。 返品/返金は不可となります。(目視での盤面チェックをあらかじめ行い、一般的な中古盤よりも状態が悪いと判断したものは掲載しておりません)

Artist: Dicky Trisco / Joutro Mundo
Title: Barefoot Beats 07
Label: Barefoot Beats
Format: 10"

Eric DuncanとSelvagem & Carrot GreenによるスプリットEPで幕開けし、Ray Mang、Carrot Green、Eddie Cらも参加して毎回大好評を得てきた新興レーベル、[Barefoot Beats]から第7弾となる10インチがお目見え。まずA面では、[Disco Deviance]の主宰者でありPete Herbertとのタッグ等でも活躍してきたUKのDicky Triscoが、ブラジルのJoao Donatoによる1973年リリースのMPB名盤『Quem E Quem』収録の"Cala Boca Menino"を温かくファンキーなスローモー・ブギー/ファンクに料理。また、B面では当シリーズの常連であるブラジルのJoutro MundoがGiovana(Geovana)による1975年の"Tatarue" をリワーク。例にもれず、ブラジル産のブギー/ファンク音源を現代的なセンスで料理したナイスな一枚に仕上がっています!!

A1: Dicky Trisco - O Cao Engarrafado
B1: Joutro Mundo - Tata Giro

A1:
B1:

入荷日: 2018年01月23日
再入荷日:2018年03月06日
20180306R

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

recommend
人気商品