メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら

Cat. No BWOOD0177LP
Price SOLDOUT

Artist: Joe Armon-Jones
Title: Starting Today
Label: Brownswood Recordings
Format: LP

Gilles Peterson主宰[Brownswood]発、現行ロンドン・ジャズ界の精鋭が集結した濃密アルバム!以下インフォの転載となります。おすすめ盤!!『シャバカ・ハッチングス、モーゼス・ボイド、ヌビア・ガルシア、ユセフ・カマールなどの台頭で湧き、今まさに熱い息吹をもって大きな注目を集める南ロンドンのジャズ・シーンにおける最重要キーボード奏者及びコンポーザー兼プロデューサーであるジョー・アーモン・ジョーンズが待望のソロ・デビュー・アルバム『Starting Today』をリリース。アフリカンやカリビアン系黒人の多い南ロンドン・ジャズ・シーンにあって、ジョーは異色とも言える白人ミュージシャンでありながら、黒人さながらのブラック・フィーリングを有し、話題のアフロ・ジャズ・ファンク・バンドのエズラ・コレクティヴの一員としての活躍を筆頭に、ファラオ・モンチやアタ・カクのツアー・サポートを務めている。そして本作には女性版カマシ・ワシントンとも言うべきサックス奏者ヌビア・ガルシア、ギル・スコット=ヘロンの再来と謳われるギタリスト兼シンガー・ソングライターのオスカー・ジェローム、盟友マックスウェル・オーウィン、エズラ・コレクティヴのトランペット奏者のディラン・ジョーンズに加え、ザラ・マクファーレンのプロデューサーとしても活躍する天才ドラマーのモーゼス・ボイド、オスカーと共にアフロビート・バンドのココロコで演奏するベーシストのムタレ・チャシらも参加し、女性シンガー・ソングライターのエゴ・エラ・メイ、ラスタファリ系ポエトリー・シンガーのラス・アシェバーらもフィーチャーされるなどまさに現在のロンドン・ジャズ・シーン活況の立役者たちが集結。ジャイルス・ピーターソンが自身のラジオでエアプレイするやいなや大きな反響を呼んだタイトル曲「Starting Today」を筆頭に、サンダーキャットにも通じるメロウなAOR?アーバン・ソウル「AlmostWent Too Far」やロバート・グラスパーやクリス・デイヴらUS勢に対するUKからのアンサーと言えるJディラ直系のクォンタイズ・ジャズ「Ragify」など満を持して発表される作品に相応しい逸曲が並んでいる。』※重量盤プレス、見開きジャケット仕様

A1: Starting Today (feat Asheber) (9:02)
A2: Almost Went Too Far (5:36)
A3: Mollison Dub (7:03)
B1: London's Face (feat Oscar Jerome) (9:46)
B2: Ragify (feat Big Sharer) (9:51)
B3: Fornow (outro) (1:18)

A1:
A2:
A3:
B1:
B2:
B3:

入荷日: 2018年06月22日

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

recommend
人気商品