メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら

Cat. No FVR-143LP
Price SOLDOUT

※こちらは店頭で試聴盤として用いられていた商品です。盤面には指紋や擦り傷、ジャケットにはダメージがある場合もございますので、予めご了承の上お買い求め下さい。 返品/返金は不可となります。(目視での盤面チェックをあらかじめ行い、一般的な中古盤よりも状態が悪いと判断したものは掲載しておりません)

Artist: Lucas Arruda
Title: Onda Nova
Label: Favorite Recordings
Format: 2LP

※以下インフォの転載となります。『1stアルバム『Sambadi』('13)、2ndアルバム『Solar』('15)が共に大絶賛を浴び、その都会的な極上メロウ・グルーヴがブラジリアン・フュージョン・ファンやDJ諸氏の心を鷲掴みにしてきたブラジルきっての洒落者、ルーカス・アルーダ。もはや期待しかなかった3年半ぶりの3rdアルバムがついに到着! そして、これがまたも絶品中の絶品!前作でもその片鱗は見せていたものの、本作はさらにAOR方面に振り切ったサウンドへとシフトしており、その楽曲クオリティは、近年のAORリバイバルの真打ち登場と言っても過言ではないほどにハイレベル。エヂ・モッタの2018年作『Criterion of the Senses』にも参加していた兄チアゴ・アルーダとの共同プロデュースということもあってか、同作と共通するニオいを随所で振りまいており、まさにエヂと双頭の〈ブラジリアンAOR近年最高傑作〉と言える内容に仕上がっています!いやむしろ、よりフロアライクなグルーヴや色気あるサウンドを求めるリスナーにとっては、本作はエヂを凌駕しているとさえ言えるでしょう! エヂのアルバムが「センスの尺度(Criterion of the Senses)」なら、ルーカスのコレはさながら「センスの塊」。往年のAOR名盤へのオマージュのようなジャケットもいい味出してます。リリースは今回もアンドレ・ソロンコ等を擁するフランスの気鋭レーベル〈Favorite Recordings〉からということで、その品質は間違いありません!』

A1: Dragoes e Tigres
A2: Perdidos e Bobos
B1: What I’d Do For Love
B2: Onda Nova
C1: Heaven’s In Your Arms
C2: Soulshine
D1: Dois Naufragos
D2: Depois do Sol

A1:
A2:
B1:
B2:
C1:
C2:
D1:
D2:

入荷日: 2019年03月02日

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

recommend
人気商品