Bochum Welt - Seafire Remixes

90年代半ばから主に[Rephlex]を中心としたレーベルからリリースを開始した、イタリアではIDMの先駆者的なプロデューサーであるBochum WeltことGianluigi Di Costanzoがシェフィールドの先進エレクトロレーベル[Central Processing Unit]から放った2019年度アルバム『Seafire』からのリミックスカット。[Warp]の"Artificial Intelligence"シリーズや、Aphex Twinの"Selected Ambient Works"に近いチルな風景が広がるドリームワールド。CDJとエイブルトンライヴを駆使したトリッキーなプレイで一世を風靡したJames Zabielaによるリミックスはパンピンなアシッド・エレクトロ仕立てでフロア受けは間違いなさそう。シカゴ音響派界隈と交流したシーンから現れたUSエレクトロニカ重鎮Telefon Tel Avivはヘヴィなサブがうねるハーフステップのディープ・ダブ・テック、かなり深いところまで潜る傑作です。 (Dr. Nishimura)

Artist: Bochum Welt
Title: Seafire Remixes
Label: Central Processing Unit
Format: 12"

A1: More Light (Radio Edit)
A2: G1 (Ambient Mix)
A3: More Light (EOD Remix)
B1: More Light (James Zabiela Remix)
B2: Color Me (Telefon Tel Aviv Remix)

A1:
A2:
A3:
B1:
B2:


入荷日: 2020年06月04日
2020601N
再入荷日:2020年07月07日
20200706R
販売価格 1,520円(税込)
型番 CPU01010111
在庫状況 残り1枚

カテゴリーから探す

コンテンツ