Chilly Gonzales - A Very Chilly Christmas

※以下インフォの転載となります。『作曲家、ピアニスト、稀代のエンターテイナーとして活躍する天才音楽家チリー・ゴンザレス。代名詞である『ソロ・ピアノ』シリーズや、趣向を凝らしたステージ・パフォーマンス、グラミー賞も受賞したダフト・パンクとのコラボレーション、iPadのテレビCMへの楽曲提供などで世界的人気を誇り、昨年はその破天荒かつ感動的な魅力に迫るドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』も大いに話題となった。いつでも我々に驚きと幸せを与えてくれるゴンザレスから、遂にクリスマス・アルバム『A very chilly christmas』が到着!本作に収録されているのは、「Silent Night (きよしこの夜)」「Silver Bells (シルバー・ベル)」「Jingle Bells (ジングル・ベル)」など誰もが知っているクリスマス・ソングのクラシックスや、ワム!「Last Christmas(ラスト・クリスマス)」、マライア・キャリー「All I Want for Christmas is You(恋人たちのクリスマス)」といったポップスを選曲。ピアノを中心にしたシンプルなアレンジ、繊細なニュアンスを大切にした短調の演奏は、これまで3作発表している『Solo Piano』シリーズの流れを汲むもの。アルバムはインストゥルメンタルが中心だがヴォーカル曲を3曲収録。ゴンザレスが信頼する二人のシンガー、ファイストとジャーヴィス・コッカーがゲストで参加している。なかでも、ファイストがヴォーカルを務めた「The Banister Bough」は、本作で唯一のオリジナル新曲。洗練された美しいメロディーにゴンザレスのメロディーメイカーとしての才能が光っていて、ファイストの温もりに満ちた歌声も絶品。クリスマス・ソングの新しいクラシックスになりそうな名曲だ。ジャーヴィス・コッカーは「In the Bleak Midwinter」「Snow Is Falling In Manhattan」の2曲でヴォーカルを担当。ダンディな歌声を聴かせているが、なかでも2019年に亡くなったUSインディーの孤高のシンガー・ソングライター、デヴィッド・バーマンがパープル・マウンテンズ名義で発表した「Snow Is Falling In Manhattan」のカヴァーでは、ファイストがコーラスで参加。チェロやフルートも加わって、映画のワンシーンのように詩情豊かなアレンジが感動的だ。コロナの影響で予定していたツアーが中止になり、自宅にこもって本作を作り上げたゴンザレス。誰もが大変だったこの1年の終わりに束の間の安らぎをもたらしてくれる本作は、ゴンザレスからの心を込めたクリスマス・プレゼントだ。』

Artist: Chilly Gonzales
Title: A Very Chilly Christmas
Label: Gentle Threat
Format: LP

A1: Silent Night
A2: Good King Wencelsas
A3: Silver Bells
A4: God Rest Ye Merry Gentlemen
A5: Last Christmas
A6: The Banister Bough (feat Feist)
A7: Jingle Bells
B1: All I Want For Christmas Is You
B2: In The Bleak Midwinter (feat Jarvis Cocker)
B3: Snow Is Falling In Manhattan (feat Jarvis Cocker & Feist)
B4: O Tannenbaum
B5: Maria Durch Ein Dornwald Ging
B6: O Come, All Ye Faithful
B7: We Three Kings
B8: Auld Lang Mynor

A1:
A2:
A3:
A4:
A5:
A6:
A7:
B1:
B2:
B3:
B4:
B5:
B6:
B7:
B8:



入荷日: 2020年11月25日
20201123N
販売価格 3,250円(税込)
型番 GENTLE22V

カテゴリーから探す

コンテンツ