URBAN VOLCANO SOUNDS - ハングオーバーララバイ

"雨のうた(Extended version) / さめた気分のブギー(VIDEOTAPEMUSIC REMIX)"も大好評を得たデュオがCDで初アルバム『blue hour』をリリース(※CDも取り扱いございます。追ってウェブにもアップ予定)。そこからの7インチカットが限定プレスで登場しました!両面最高ですね。以下インフォの転載となります。

『KEN KEN(KEN2D SPECIAL/Cocktail Boyz) とhacchi(DEAVID SOUL)の2人によるサウンドプロダクションユニット=URBAN VOLCANO SOUNDSが先頃リリースし、坂本慎太郎、VIEDEOTAPEMUSIC、asuka ando等も賛辞を寄せる話題の1stフルアルバム『blue hour』より、アーバン・ブギー・ナンバー「ハングオーバーララバイ 」が限定7inchカット!! 
 シティ・ソウル、AOR、ブギー/ディスコ、ファンク、レゲエ、ダブ、バレアリック、ポップス…などなど、様々な要素が垣間見れるが、 いずれもひとつのジャンルには括れない、型にはまれない"URBAN"なのにどこか"VOLCANO"なサウンドを送り出す魅惑のユニット=URBAN VOLCANO SOUNDSからのLTD 7inchヴァイナル・デリバリーは、ギターに竹久圏(KIRIHITO/GROUP/田我流とカイザーソゼなどで活動している素晴らしいギタリスト)が参加したナンバー「ハングオーバーララバイ 」。爽快なカッティング・ギター、太艶やかなベース、 鮮やかなシンセやコーラスが巡る、80’sフィールなアーバン・ブギー・サウンドに、アフター・ナイト・ライフ・サヴァイヴをKENKENが魅惑のヴォーカルで歌う「ふ・つ・か・よ・い・アンセム」だが、この2020年の今だと何故かいろいろな意味に歌詞が深読みできてしまう、しかもダンサブルなナンバー!!そして後半からエンディングに向かう竹久圏のギタープレイが最光に胸キュンで最幸な1曲。 C/Wには、暖かなピアノ、心地よいカッティング・ギター、スラップベースが絡み合う躍動的なグルーヴに、メロー・ファンキーなムーグ系シンセやハートウォーミングなトロンボーン・プレイが展開する、インストゥルメンタル・ミッド・ブギーファンク「 Urban Hights」を収録。
 混沌の2020年の暮れにUVSが贈る、暖かくハートウォーミングな躍動的サウンド・ギフト♪ Limited 300 pcs☆』

Artist: URBAN VOLCANO SOUNDS
Title: ハングオーバーララバイ
Label: VOLCANO SOUNDS
Format: 7"

A1: URBAN VOLCANO SOUNDS - ハングオーバーララバイ
B1: URBAN VOLCANO SOUNDS - Urban Hights

A1:
B1:


入荷日: 2020年12月18日
20201214N
再入荷日;2021年01月13日
20210111R
販売価格 1,760円(税込)
型番 UVS-004

カテゴリーから探す

コンテンツ