Joaquin Joe Claussell - Raw Tones

Matt Edwardsによる別名義The Machineのアルバム『RedHead』をリミックスした2012年の『RedHead (Joe Claussell Interpretations)』から10年近くの時を経て、Joe Claussellが再びMatt Edwards aka Radio Slave主宰[Rekids]に再登場(しかも本人名義のアルバムとしては2008年の『Corresponding Echoes』以来なんと13年振り)。昨年のロックダウン中に基本に立ち返りながらマルチトラックで制作され、昨年カセットテープで限定リリースされた『Raw Tones』の内容に感銘を受けたMattがLP化を申し出たもので、空間的でパーカッシヴなリズム、美しく降り注いでくるピアノやジャジーなメロディー、エレクトリック・スペーシーな要素などを用いながら切れ味抜群のインスト・ハウスを繰り広げています。全編良いですが、中でもキックが入るまでの美しいイントロから引き込まれるB-3の"Way Back Then"あたりが特に目玉といえるかもしれませんね。大推薦の一枚です!!

Artist: Joaquin Joe Claussell
Title: Raw Tones
Label: Rekids
Format: 2LP

A1: Lock Down
A2: The Blame Game (Table Top Idea)
B1: Break Free
B2: You Mutha Fuka
B3: Way Back Then
C1: Air We Breathe (Revisited Cassette Demo)
C2: Break Free (Instrumental)
D1: If It's All In Your Mind Let It Out
D2: Hallucinations Ejaculations

A1:
A2:
B1:
B2:
B3:
C1:
C2:
D1:
D2:




入荷日:2021年05月25日
20210621N
販売価格 3,750円(税込)
型番 REKIDS183

カテゴリーから探す

コンテンツ