Matthieu Beck - Here Alone

信頼の[Growing Bin]からまたしても素晴らしい一枚がお目見え。トロピカルでリゾート感の漂うゆるめバレアリック・ポップ路線で最高です。以下、英文インフォのDeepL翻訳を貼っておきます。大推薦盤! (Morihiro)
=======================================================

Matthieu BeckがGrowing Binからリリースしたこのアルバムは、フレッシュで爽やか、そして繊細なトロピカル・フレーバーが魅力的な一枚です。彼のラジオ番組「Love In The Afternoon」の軽快なリズム、ジャジーな演奏、スローリスニングの名曲にインスパイアされたこのフランス人アーティストは、長い夏の日や季節の影響を受けた逃避行にぴったりの、ゆったりとしたソフィスティポップの豪華なコレクションを作り上げました。

アルバム・タイトルに悲壮感を漂わせているが、これは誤解である。ソロ・アルバムではあるが、Matthieuは長年にわたって築き上げた音楽仲間に囲まれ、作曲家とバンドリーダーとして、意欲的にコラボレーションに取り組んでいる。長年の友人で元MetronomyのベーシストGabriel Stebbing、Source EnsembleのドラマーEmmanuel Mario、そしてもちろんLaetitia SadierがMatthieuの音楽に命を与えるために参加し、J?r?me Caron (Blackjoy) によってミックスが行われた。

トラックリストは旅行記のようですが、この9曲はすべて自宅でMatthieuがFender Rhodesの後ろに座り、ドラムマシンを傍らに置いたところから始まりました。やがて、ベース、サックス、フルートの生演奏が、彼の淡々としたアレンジに加わり、デモのシンプルさを保ちつつ、情感を膨らませる。重厚なシンセのドローンとバブリングベースが、"California "や "Rooftop Rome "のドリームポップなロマンスといった曲の風通しを良くし、メローな "Malika "や楽しい "Retour De Plage "はフランス人とジャズの関わりを表している。また、デジダブ("Island"、"Suede")、沿岸ブギー("Tokyo Montana")、シティポップ("California")、ダウンタウンノスタルジー("Dora")があり、ベックが詩的でプログレッシブ、かつ平和なフィナーレ "Piano Fin" に到達すると、マチューの明確なサウンドから踏み出さずに彼らの最もかわいかった頃の空気を思い起こすことができます。

Artist: Matthieu Beck
Title: Here Alone
Label: Growing Bin Records
Format: LP

A1: Island
A2: California
A1: Rooftop Rome
A2: Suede
B1: Malika
B2: Retour De Plage
B1: Tokyo Montana
B2: Dora
B1: Piano Fin

A1:
A2:
A1:
A2:
B1:
B2:
B1:
B2:
B1:




入荷日: 2022年08月30日
20220829N
再入荷日:2022年10月04日
20221003R
販売価格 3,890円(税込)
型番 GBR044
在庫状況 残り1枚

ジャンル

カテゴリー