Instant House - Lost Horizons

Joe Claussellによるキャリア初期のプロジェクトとして知られるInstant Houseが1993年に[Jungle Sounds]からリリースし、その後1996年に日本のCISCOからライセンスされて大ヒットとなったあの"Lost Horizons"が、なんとHoly Ghost Inc.やOzoあたりを筆頭に最近ではAmbient Warriorなどの正規再発も手がけてきたオーストラリアの[Isle Of Jura]から正規ライセンス再発(インフォを見た瞬間、驚きで声が出そうになりました)!横揺れ系のパーカッシヴなビートにエフェクティヴなシンセやサックス、SEなどを配しながら17分に渡ってじっくりと展開されていく、リリースからほぼ30年経つ今でも刺激的に響き渡る空間的でトリップ感溢れる傑作です。持っていなかった方はもちろん、買い直しもぜひ。以下、せっかくなのでインフォのDeepL翻訳も貼っておきます。大推薦盤!! (Morihiro)
===============================

Joaquin "Joe" Claussellは、1996年にニューヨークのDJ仲間であるDanny KrivitとFrancois Kevorkianと共同で日曜午後の伝説的イベントBody & Soulを立ち上げる以前は、Instant Houseという多彩なプロダクションを牽引する存在として、高揚感あふれるディープハウスを次々と発表し、その中のいくつかは、90年代に彼が行ったLoftパーティーでDavid Mancusoによってスピンされたものです。

1993年、Instant HouseはJungle Sounds Recordingsから最もディープなシングル「Lost Horizons」をリリースした。A面の'Lost Horizons (The Mind Travel Saturday Night Sunday Morning Mix)'は17分20秒で、90年代初期のNYCの活気あるクラブサウンドに浸ることができる。ラテン調のマンマシーンビートが無限大に行進するこの曲には、「Lost Horizons」と「Lost Horizons (Percussion Bonus)」という2つの短いミックスが付属している。29年後、Isle of Juraはこのゆっくりと燃えるようなディープカットの公式レコードとデジタルリイシューを発表する。

Instant Houseの物語は、80年代後半、実業家、DJ、グラフィックデザイナーであったStan Hatzakisがイーストビレッジに設立したレコード店Dance Tracksから始まる。フランキー・ナックルズやラリー・レヴァンといったニューヨークのトレンドセッターたちが愛用したDance Tracksは、世界最高のアンダーグラウンドダンスミュージック販売店の1つとされていた。

1991年の冬、スタンは上得意客の一人であるトニー・コンフュージョンと一緒に音楽を作ることになった。昼間はウォール街で働き、夜はキーボード奏者であるトニーは、本格的なDJでもあった。最初のレコーディング・セッションから間もなく、彼らは同じくダンス・トラックスで活躍するホアキン "ジョー "クラウセルを、ロングアイランドにあるトニーの最新鋭のホームスタジオに招き入れました。彼は、StanとTonyが作っていたサンプルベースのトラックに、生き生きとしたパーカッシブなエッジを加えてくれました。そして、3人のDJはInstant Houseとしてレコーディングを開始しました。この年、彼らはDance Trax EPをリリースしました。

1992年、Instant HouseがJungle Sounds Recordsから「Over」と「Awade」の2曲をリリースした後、Stanはグループを脱退し、Joeと彼のビジネスパートナーであるStefan PrescottにDance Tracksを売りました。スタンの脱退後、ジョーとトニーは特別なレコーディング・セッションのためにスタジオに向かった。「Lost Horizons (The Mind Travel Saturday Night Sunday Morning Mix)」の制作について、Joeはこう語っている。"スタジオではとてもスピリチュアルな出会いだった"。

ドラムパターン、サウンドエフェクト、アレンジメントをレイアウトしながら、ジョーはトニーにそのヴァイブを説明し、トニーは豊かなコズミックコードとキーボードサックスのラインを難なく演奏してみせた。「トニーは完全に自分の気持ちを表現していたよ」とジョーは振り返る。「彼は堂々とした演奏をした」とジョーは振り返る。

Lost Horizons 12 "のリリース後、ジョーのもとにシスコ・インターナショナル社から電話がかかってきた。ロスト・ホライズンズを日本に紹介したいというレコード会社の重役と話をしていたのだ。「当時、彼らは主にクラシックのレコードをプレスしていたが、ロスト・ホライズンズをライセンスして販売したいということだった」とジョーは振り返る。3年後、ジョーとトニーはInstant Houseとして最後の12インチとなる「Asking Forgiveness」をリリースし、満面の笑みで別れを告げた。

DJ、リミキサー、プロデューサーとしてのキャリアにおいて、Joeは長い曲や作曲をすることで知られている。Lost Horizonsが示すように、彼はその衝動を創業当時から持ち続けているのだ。「私がプロデュースするとき、何事も始まりや終わりがあるとは思っていません」とJoeは説明する。「ルールが大嫌いなんだ。私にとっては、それはクリエイションという芸術にとって真実ではないのです。ただ、創作には流れがあると信じている。90年代に音楽を作っていた時は、フォーマットによって制限されていたけれど、あのレコードは永遠に続く可能性があったんだ"。

この12インチは、オリジナルのリリースデザインを基にしたブラッドリー・ピンカートンによるフル・スリーブ・ジャケットに収められている。

Artist: Instant House (Joe Claussell)
Title: Lost Horizons
Label: Isle Of Jura
Format: 12"

A1: The Mind Travel Saturday Night Sunday Morning Mix
B1: Lost Horizons Version
B2: Percussion Bonus

A1:
B1:
B2:



入荷日: 2022年11月22日
20221121N
販売価格 2,350円(税込)
型番 ISLE016

ジャンル

カテゴリー